お問い合せ tel:050-3786-3713

株式会社K&K

1967年創業の黒川雅之建築設計事務所「K-Studio」と、2007年設立の黒川のデザインプロダクトを「企て‐描き‐作り‐手渡す」という一連の活動として実現するための組織「K」が2012年に一つになり生まれたK&K。

建築設計はもとより、建築家 黒川雅之がデザインしたプロダクト=小さな家具からステーショナリー、テーブルウエアまで幅広く展開し販売している。


「原型」のデザイン

株式会社K&K代表の黒川雅之(写真)は、「原型―ARCHTYPE」探しが一番大切なデザインのポイントであると考え、建築のデザインもプロダクトのデザインも原点から思索を始める。
原型とは、デザインをするときに「それは何?」という根源的な問いから導かれ現れるもの。物の「形態」と「思想」の間にあるもの。と、定義する。建築もプロダクトも、新しいデザインはそのものが生まれた原点にある。原型は原点回帰によって発見できる。という信念だ。
こうして原型探しから発したデザインはいつまでも新鮮さを失わず数々のロングセラー商品を生みだしている。