お問い合せ tel:050-3786-3713

有限会社 東北工芸製作所

東北・宮城に伝わるうるし塗りの技法
「玉虫塗」

名称の由来である玉虫の羽のようにあでやかに照りかえす発色と光沢が特長で、日本ならではの漆器の美しさを味わうことのできる、宮城県指定伝統工芸品です。

東北工芸製作所は、国立工芸指導所と東北帝国大学金属材料研究所とが協力して昭和8年(1933年)仙台市に創設した会社です。昭和14年に玉虫塗の特許実施権を得て、その後国内・海外に向けて新商品の制作を続け、昭和60年に県の伝統的工芸品の指定を受けました。伝統的な品々を作りながらも、一方では今のスタイルに合う様々な新商品の開発を精力的に続けています。

ロゴマークは昭和16年頃、初代社長・佐浦元次郎の時代に作られた東北工芸製作所のシンボルマークで、そのモダンなデザインは、国立工芸指導所からの指導を受けて作られました。

東北6県を表す六角形のロゴマーク。そこには手しごとで東北6県をつなぎたいという思いが込められています。


TOUCH CLASSIC 「観る」から、「使う」へ

「TOUCH CLASSIC」は、玉虫塗をただ飾るのではなくくらしの中で自然に触れ、
味わい、楽しんでもらいたい、という思いから新しく生まれました。
色や形、すべてにおいて “ 今 ” の感覚を通したさまざまな日用品をご用意しています。

毎日のくらしで使えるように、「TOUCH CLASSIC」はまず、ベースとなる色に ” 黒 ” を選びました。
黒は、様々なライフスタイルに馴染みやすく、多くのシチュエーションで自然に使えるからです。

「漆黒」という言葉にあるように、うるしが生み出す深い黒。しかし、手に取り間近で見ると、まるで玉虫の羽のように豊かな色調が浮かび上がります。

使う人の日常を華やかに彩る「TOUCH CLASSIC」。
伝統的工芸品「玉虫塗」の可能性を広げ、ひいては宮城、東北の発展にもつなげていきたいと願っています。

TOUCH CLASSIC のロゴは、東北6県を表す六角形。
宮城が位置する右下に、小さな「玉」をあしらいました。
「玉虫塗」、「TOUCH CLASSIC」を通して、宮城から東北を活気づけたいという想いが込められています。