お問い合せ tel:050-3786-3713

廣田硝子株式会社

1899年、東京に創業した廣田硝子は、日本で最も古いガラスメーカーの一つです。
近代にヨーロッパから伝わったガラス製造は、日本ならではの美意識と融合し独自の開花を見ました。
廣田硝子は、戦前より社に伝わる貴重なデザイン資料や脈々と受け継がれる技術を大切にしながら、手作業の価値を見極めたものづくりをしています。



江戸硝子による日本伝統工芸との融合

 大正時代から続く伝統的な技法のひとつ「乳白あぶりだし技法」を使い、親しみやすくそして日常の中にさりげなく取り入れてもらえるような伝統工芸品の器として作られた商品です。

 「乳白あぶりだし技法」とは、明治大正時代に盛んに使われた日本独特の成型方法で作った乳白色のガラス器です。

 硝子の中に特殊な原料の入れ、急激な温度差を与える事によって乳白色に発色させ、熟練した職人と精密な紋様の金型によりガラス浮かび上がらせる伝統的な工芸商品です。