お問い合せ tel:050-3786-3713
トップ > ホビー > 【野生の衝動 黒川雅之 (著)】
  
INFO

すべてのクリエイターのための思想書。

日中韓で活躍する建築家が見出した東アジア自然思想の総集編。
齢80にしてますます研ぎ澄まされる黒川思想のすべてがここに。

建築などを創作することは人間とはなにかを考えることだから、そのまま思索と創作が共振し合うことになる。
創作から発見した「野生の衝動」は、人間の原点回帰の主張になっている。
それは生まれながらのすぐれた野生をもう一度、取り戻そうという主張である。

デジタル技術や人工知能やロボットの発想はまさに「野生の衝動」につながり、野生の回復への主張になっている。(あとがきより)

 

目次

序章 価値の根源を探る

東アジアの美意識 自然思想

1.美の構造論 微細と群
1.今・此処_now & here
2.願望_desire
3.皮膚感覚_skin sensation
4.群_network
5.共振_resonance
6.不安定_instability
7.乱_random
8.偶然_accident


2.美の空間論 混沌と分析
9.渾沌_chaos
10.分節_segment
11.寓話_allegory
12.陰陽_yin & yang
13.気・余白・間_energy & reverberations
14.無_nothingness
15.不安_anxiety
16.うつろい_transition


3.美の創作論 挑発と抑制
17.抑制_restraints
18.誘惑_temptation
19.挑発_provocation
20.差異化_catabolism
21.反転_reverse
22.逆説_paradox
23.曖昧_ambiguity
24.原型_archetype


終章 世界の中のアジアの文化
1.東方の美意識とはなんだったのか?
2.ダイマキシオン・マップと出会う
3.アジアを左右する大きな事件
4.インドシナ半島と中国の中間帯
5.東方の島国は古くは陸続きだった
6.オーストリアから南米への文化の道
7.太平洋沿岸の火山地帯と「文化の流れ」
8.アジアは巨大な文化の交差点だった
9.中国、朝鮮、日本、インド、4つの文化の特異性
10.東アジアと東南アジアの海洋文化
11.世界の中のアジアの文化
12.世界の3つの文化圏


あとがき



出版社からのコメント
<編集より>

黒川雅之さんはすでに偉人である。政府や自治体やゼネコンなど巨大な組織と癒着せずとも自由に多彩な建築を創造し、大手メーカーと組まずとも自ら普遍的なプロダクトをデザインし、造り、売る。10人以下と決めた自身の会社は「小さいこと」を有利に働かせながら50周年を迎え、10年ほど前に70歳にして進出した中国では日本人として他の追随を許さない圧倒的な活躍をしてきた。そして、会えばいつもとろけるような笑顔である。

かつて黒川さんの著書『デザインと死』を手がけてから、ずっと年下の私に、黒川さんは友人のように接し続けてくれている。その黒川さんから本書の出版の相談を受けたとき、私は、黒川さんらしい出版をしてほしいと願った。いまや出版業界は「売れる本」との錦の御旗の下、「わかりやすく」「簡単で」「キャッチーで」「すぐに使える」本ばかりを生み出している。しかし黒川さんの原稿は、これだけですでにひとつの「文化」だった。そのようなものを既存の出版社で出せるのか。否。私の答えは、黒川さん自身が出版することだった。
だから本書は、黒川さんが主宰するデザイントープから発行された。黒川さんの会社K&Kで編集とデザインを行い、私も編集に参画し、日本出版販売の柴田さんや発売元の協力を得て、シナノで印刷し、皆様の手元に届く。出版するために、小さな出版社をつくったのである。それこそ黒川さんらしい出版だろう。私はそう確信している。

本書には創作・デザインにおける24の思想と、人類の自然思想の概説が記されている。本書のなかで黒川さんは「他者の本から得た思想の上に自分の思想を構築するのではなく、自分の思想を刺激するために他者の本を読む」という意のことを言っている。本書もそのようにして読まれるべきだと私は思う。
ひとりのクリエイターとして、私もそのように原稿を読んだ。1文字ごとに、なんと刺激的であったことか。自分のなかに眠る創作欲を呼び起こされる体験であった。まさに「野生の衝動」を感じた。
本書を手にとる皆様にも同じ体験をしていただきたい。老若男女問わずすべてのクリエイターに読んでほしい一冊が仕上がった。本書の編集に参画できたことを誇りに思う。

−東北芸術工科大学 芸術学部 文芸学科 専任講師 野上勇人

 


包装紙は【JAXA(宇宙航空研究開発機構)× 建築家 黒川雅之】コラボ作品『WRAPPING PAPER』 です。

「地球の表皮でギフトを包む」黒川雅之の考え方はこちらをご覧ください。

お客様レビュー
PRICE

【野生の衝動 黒川雅之 (著)】

価格 送料
【野生の衝動 黒川雅之 (著)】 ¥ 1,944 ¥0 カートに入れる
SPEC

単行本: 260ページ
サイズ: 19 x 13 x 2.2 cm

ギフト対応について
ギフト対応

ギフト対応可

熨斗対応

熨斗対応可

配送について

・メーカー直送品となります。
・通常ご注文よりお届けまで、最短翌営業日発送~4営業日以内に発送いたします。
 (土日祝は発送業務のお休みとなりますので、ご了承下さい。)
 ※天候状況や在庫状況などにより発送が遅れる場合には、メールにてご連絡差し上げます。
・配送料は0円です。(北海道・沖縄・離島の場合は送料が異なります)

メーカーについて

DESIGNTOPE

 建築家 黒川雅之が代表を務めるデザインを育むインキュベーター的活動を内包する組織。 インターネット黎明期にウェブサイト上の活動から出発し、現在は「物学研究会」という現実世界での活動を柱としている。 ...

→詳細を読む

出品者の他の商品
同じカテゴリの商品
PICK UP PRODUCTS