お問い合せ tel:050-3786-3713
トップ > 特集一覧 > 内祝いの贈り物

内祝いの贈り物

結婚や出産など人生の節目に訪れる「我が家の喜び事」を親類や近所の方々にお餅や赤飯などを配り、その喜びを分かち合うということに由来しています。

​内祝いの本来の意味は「お返し」ではなく、自主的にお世話になった方々へ「喜び」をお福分けし、一緒に祝ってもらうというのが本来の意味ですが、現代では慶事に頂いたお祝いへの返礼品という捉え方が一般的になっています。

 

赤ちゃんが産まれたら


赤ちゃんの誕生の喜びを込めて贈る「出産内祝い」。
近年では出産祝いをいただいた方にお返しとして贈り物をするのが一般的になっています。

◆金額の目安
いただいたお祝いの額の3分の1~2分の1ぐらい

◆品選び
タオルや食器などの日用品、お菓子や紅茶などの食品が定番といわれています。
親しい間柄の方なら事前に好みをリサーチして贈っても。

◆贈る時期
産後1ヶ月ぐらい。お宮参りを目安に。
(後からいただいた方には随時お返しをします。)

 

 

 

結婚のお祝いをいただいたら


披露宴に招待できなかった方で、結婚祝いをいただいた方に贈ります。
披露宴を行わない場合も、結婚祝いをいただいたら用意をします。

◆金額の目安
いただいたお祝いの額の半額ぐらい

◆贈る時期
式後1ヶ月以内を目安に。

◆品選び
タオルや食器といったギフトが定番となっています。親戚など身近な方への贈り物として記念となるような漆器や陶器、インテリア用品も人気です。

 

 

 

新しい家が完成したら

新築や引越しのお祝いをいただいたら、新居にお招きするのが一番のお礼になりますが、お祝いをいただいた方でお招きできなかった場合には内祝いを贈ります。

◆金額の目安
いただいたお祝いの額の3分の1~半額ぐらい

◆贈る時期
引越してから1~2ヶ月以内を目安に。

◆品選び
実用的で便利な食器やキッチン用品、スイーツ、タオルなどが人気。

 

 

 

ケガや病気が回復したら


病気中や入院中にお見舞いに来てくれた方や、お見舞いを下さった方へのお礼として贈るのが快気祝いです。近年ではお見舞いをいただいた方にお返しとして贈るのが一般的となっています。

◆金額の目安
いただいた金額の半分~3分の1ぐらい

◆贈る時期
退院後1週間~10日目頃、遅くても1ヶ月以内を目安に。

◆品選び
一般的には「病気を洗い流す」という意味で石鹸や洗剤などの消耗品や「(病気が治って)後に残らない」という意味でお菓子などが定番とされています。
また、ハンカチやタオルなどの実用品も贈られるアイテムのひとつです。