お問い合せ tel:050-3786-3713
トップ > wabist tips > 【年中行事を身近に楽しむ】端午の節句
  • Pin It

【年中行事を身近に楽しむ】端午の節句

No.02 2014.5.5

端午の節句

 

 

男の子の大成を祝う端午の節句。

大空を泳ぐ鯉のぼりを目にしたり、和菓子屋の店先に並ぶおいしそうな柏餅を見て季節を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

我が家でも先月中旬頃より兜を飾りはじめました。

鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習。身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。鎧や兜を“戦争道具”と受け取る考えがありますが、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。

現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

 

子供がいない方も、柏餅やちまきを食べたり、菖蒲湯に入り菖蒲の清涼感ある香りに癒されながら邪気祓いしてみてはいかがでしょうか?

 

菖蒲湯のつくり方

 

 

さらに簡単な菖蒲湯の楽しみ方は、菖蒲をゴムなどで束ね、蛇口に縛り付けてお湯をだす。それだけ。また、私の最寄のスーパーでは一束150円で菖蒲が売られていました。是非お試し下さいね。

ちなみに紫色の花が咲く花菖蒲は葉が菖蒲ににているためにそう呼ばれているのですが、菖蒲はサトイモ科、花菖蒲はアヤメ科で全くの別のものですのでお間違えなく。