お問い合せ tel:050-3786-3713
海外発送/国際配送サービスの転送コム
トップ > wabist tips > 【年中行事を身近に楽しむ】七草の節句
  • Pin It

【年中行事を身近に楽しむ】七草の節句

No.17   2015.1.05

七草の節句

 

 

1月7日は七草の節句。

お正月料理で疲れた胃に、優しい味の七草粥はいかがですか。

 

君がため 春の野に出でて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ 

―――小倉百人一首 第十五首 光孝天皇

 

 

日本では古くから自然の持つ生命力を取り込むという意味を込めて若菜を摘んで頂く文化がありました。よく知られたこの歌も、正月に雪の野に出て若菜を摘んでいる情景を詠んでいます。

一方で、古代中国では1月7日を人日と呼び、無病息災や昇進を祈って七種の野菜でスープを作って食べる七種菜羹という文化がありました。これが日本に伝わった時に「米」「粟」「麦」「稗(ひえ)」「黍(きび)」「小豆」「胡麻」の七つを用いた小豆粥に変化しました。この若草文化と粥文化が混じり合い、1月7日に七草粥を食べる風習が生まれました。

 

今では春の七草を用いた粥と解釈されるのが一般的で、古い知恵が豊かに息づいた春の七草は日本流ハーブと言っても過言でなく、いずれも効能豊かな植物です。

 

七草の効能

 

 

「競り勝つ」セリで食欲増進

【セリ・芹】 水辺の香草で、ビタミンBやカルシウム、鉄分を多く含む。

効果⇒健胃、食欲増進、解熱、利尿、去痰

 

 

 

 

 

 

撫で清める」ナズナで五臓回復 

【ナズナ・薺】 ぺんぺん草とも呼ばれる。

効果⇒消炎、鎮痛、利尿、解熱、下痢止め、視力回復、血圧安定、五臓回復

 

 

 

 

 

「仏の体」ゴギョウで気管支改善

【ゴギョウ・御形】 母子草とも呼ばれる。

効果⇒咳止め、去痰、扁桃腺炎、利尿、解熱

 

 

 

 

 

 

 

「繁栄がはびこる」ハコベラで毒素排出

【ハコベラ・繁縷】 ハコベとも呼ばれる。ビタミンAなどのミネラルやタンパク質を含む。

効果⇒利尿、乳汁分泌促進、歯痛回復、消炎、腹痛回復 

 

 

 

 

 

 

「仏座する場所」ホトケノザで胃腸回復

【ホトケノザ・仏の座】 食物繊維を多く含む。

効果⇒健胃、食欲増進、歯痛、解熱

 

 

 

 

 

「神呼ぶ鈴」スズナで美肌獲得

【スズナ・鈴菜】蕪のことを指す。カルシウムやビタミンを豊富に含む。

効果⇒消化促進、解毒、咳止め、しみ・そばかすの改善

 

 

 

 

 

 

「清廉」スズシロで消化促進

【スズシロ・清白】大根のことを指す。シアスターゼを豊富に含む。

効果⇒消化促進、咳止め、去痰、利尿、神経痛

 

 

 

 

 

 

 

この時期、スーパーや八百屋では簡易七草粥キットが多く店頭に並んでいます。

新春の野草が持つパワーを食卓に取り込んでみてはいかがですか。