お問い合せ tel:050-3786-3713
海外発送/国際配送サービスの転送コム
トップ > 特集一覧 > 還暦のお祝い ーこだわりの"赤いプレゼント"特集ー

還暦のお祝い ーこだわりの"赤いプレゼント"特集ー

 

  還暦のお祝いには「赤いもの」というのが定番です。これは60年で干支が一巡して生まれた時と同じに戻る(還る)ことから、赤ちゃんの時に魔除けの意味で着せていた「赤い産着」にちなんで始まったことのようです。

 

  とはいえ、今の60歳にお贈りするモノを考える時…長寿の祝いっていうイメージとは違う気がします。元気やパワーを象徴する色でもある「赤」に、第二の人生の好スタートが切れますように、との思いをお届けしてみませんか。

 

 

≪ 赤いテーブルウェア編 ≫

 

【1.】漆×ガラスが生み出した、美しい酒器【高岡漆器 DEN Old Glass】

 

 一目見たときに、鮮やかな朱色にどきっとしませんでしたか?透明なガラスが漆の赤を纏っています。そして神秘的な螺鈿の輝き。

 ガラスに漆と螺鈿を施すという新鮮な感性を見せてくれたのはデザインディレクター梅野聡氏です。高岡漆器の伝統的な高い技術と職人さんの繊細な作業によって、この美しさが実現しました。

 漆や螺鈿の施してある部分を変えることによってデザインばかりでなく、それぞれ楽しみ方も変わってきます。漆が塗ってある部分は、持つと冷たさが緩和されますし、口当たりも優しくなります。飲み物の色のコントラストを楽しむこともできますね。

 こんな「赤いプレゼント」なら、お酒好きなあの方にも気に入っていただけるのではないでしょうか。

 

   

・漆×ガラスが生み出した、美しい酒器【高岡漆器 DEN Old Glass】 商品ページを見る >> 

 

 

 

【2.】雲海に浮かぶ 紅色&瑠璃色の富士山お猪口【富士江戸切子 (ペア・桐箱)】紅・瑠璃

 

 晩夏から初秋にかけて、富士山が朝日に照らされて赤く染まる現象を「赤富士」と言います。日本の神の象徴でもある「富士」と、力強さや魔除けの意味もある「赤」は、開運の最強の組合わせとして古くから絵画にも扱われてきました。

 江戸伝来の技術を継承し熟達した切子工芸師が、ひとつひとつ手作りでこの富士江戸切子を作り出します。富士の雪は蒲鉾彫りと呼ばれる精巧なカットで表現されています。桐箱には白い綿を敷き詰めて、雲海から顔を出す雄大な富士の姿を模してみました。

 切子特有の色である瑠璃色の青富士と紅色の赤富士の器は、お猪口としてはもちろん、前菜などの小鉢としても、ご夫婦ペアで使っていただけるかもしれません。

 

 

・雲海に浮かぶ 紅色&瑠璃色の富士山お猪口【富士江戸切子 (ペア・桐箱)】紅・瑠璃 の商品ページを見る >> 

 

 

 

【3.】エレガントな南部鉄瓶【壱鋳堂 ティーポット 蕾Tsubomi レッド】

 

  コーヒーよりもやっぱりお茶が落ち着くわ、とおっしゃるあの方にはこちらの「赤」を差し上げてはいかがでしょう。

  水滴をモチーフとした柔らかな曲線で構成されたデザインは豊かで深みがあります。和洋どちらのシーンにも馴染みますので、日本茶、紅茶、問わずにティーポットとしてお使いいただけます。南部鉄瓶の高い蓄熱性により保温力に優れ、内面はホーロー引きになっていて錆の心配もありません。

  普段使うものにこそ、機能的な美しさを求める大人の女性にふさわしい贈り物といえるかもしれません。

 

・エレガントな南部鉄瓶【壱鋳堂 ティーポット 蕾Tsubomi レッド】 の商品ページを見る >> 

 

 

 

【4.】花の蕾を思わせる漆塗り ガラス器 ボウル【hyakushiki 蕾 クリスタルボウル S 白赤】

 

  様々な色の花の蕾が集まって一斉に咲き出そうとしているように見えませんか? ガラス越しに色とりどりに覗くのは職人の手仕事により描かれた幾重もの線。外側からはつや消し漆がしっとりした質感で支えます。

  外側が漆、内側はガラス製というコラボレーションが実現しました。漆器でありながら、油物を盛り付けることも、金属製のカトラリーを使用することも可能です。

  和食器の高級感あるテイストを守りながら古臭さを感じさせない、ポップなデザイン…年齢を感じさせずいつも溌剌としたあの方のイメージですよね。

 

 

・花の蕾を思わせる漆塗り ガラス器 ボウル【hyakushiki 蕾 クリスタルボウル S 白赤】 の商品ページを見る >> 

 

 

 

【5.】金蒔絵 +朱 木曽漆器 カトラリーセット【KOKU 若松 WAKAMATSU】

 

  国産の高品質ステンレスカトラリーに、熟練した漆職人が一本ずつ塗り、磨き、塗り重ね…いくつもの工程を経て独特の光沢と色彩を実現しています。

  柄に施された漆の色と金の蒔絵の高級感は、最新の技術を駆使したステンレス素材と伝統工芸士の巧みな技のコラボレーションから生み出されたものです。手触り、口当たり共に温かみがあり、優しさを感じます。

 

 

・金蒔絵 +朱 木曽漆器 カトラリーセット【KOKU 若松 WAKAMATSU】 の商品ページを見る >> 

 

 

 

【6.】朱 木曽漆器 カトラリーセット【KOKU 凛 RIN 朱】

 

  こちらも同じく国産の高品質ステンレスカトラリーと漆のコラボですが、ぐっとシンプルでモダンなデザインです。「赤(朱)」の鮮やかさ、力強さがより心に響きます。使ってみたいという気持ちが湧いてきませんか?

  飾らない人柄のあの方には、長く使い続けていただけるのではないかと思うのですが。

 

   

・朱 木曽漆器 カトラリーセット【KOKU 凛 RIN 朱】 の商品ページを見る >> 

 

 

 

【7.】丸と球の曲線が美しい漆器【K&K IRONY Oシリーズ】

 

  鋳鉄の黒と漆の赤のコントラストはとてもドラマチックです。

  鋳鉄の黒は重みや硬さを思わせますが、円や球の曲線と漆の朱色がなんとも柔らかく暖かい印象を与えます。相反するものの融合が新しい魅力を生み出しているこうした器は、年齢を重ねてなお挑戦を忘れないあの人にお贈りしたいですね。

 

 

・丸と球の曲線が美しい漆器【K&K IRONY Oシリーズ】 の商品ページを見る >> 

 

 

 

【8.】存在感のある漆のカップ【K&K IRONY CUP】

 

  暖かい飲み物を入れる器には、少しの重みと優しい手触りがあって欲しいですよね。ずっしりとした感じに、なんとも言えない安心感を得られるようです。

  鋳鉄製のすっきりとしたデザインに、目を惹く漆の朱色が目も楽しませてくれます。

 

 

・存在感のある漆のカップ【K&K IRONY CUP】 の商品ページを見る >> 

 

 

 

 


 

 

≪ 赤いファッショングッズ編 ≫

 

【1.】京友禅浸透染めの朱赤デザイン手拭い【華市松 祝い文手拭い Ⅱ・礎】

 

 肌触り、デザイン、有用性、全てに優れた「赤い」手ぬぐいです。

 細い糸を密度を高めて織りあげた特岡という高級さらし生地が使われています。そのために、きめが細かくなめらかな肌触りと、繊細なデザインが可能になっています。

 手ぬぐいは、かさばらないハンカチやタオルとしての他にも多様な利用法で見直されています。大胆な朱赤の手ぬぐいをいつもバッグに入れておけば、溢れんばかりのエネルギーで、万能さが増す気がしませんか。

 

 

・京友禅浸透染めの朱赤デザイン手拭い【華市松 祝い文手拭い Ⅱ・礎】 商品ページを見る >> 

 

 

 

【2.】長く愛用したい赤い革財布の逸品【アンデルセンバッグ 長財布 SKAL 6020 レッド】

 

 長く愛していただけるようにと研究を重ねた製品だからこそ、あの人にお贈りしたいと思うのです。

 使い込むほどに手に馴染み、綺麗な飴色に変化していきます。1、2年で破れたりキレたりする可能性のある素材や合皮は一切使わず、30パーツ全てを革で製作しています。強度をさらに高めるために施策を重ねて、中の仕切り部分はヌメの一枚革で制作しました。通常の何倍もの手間がかかるそうです。

 作り手の妥協のない姿勢が、大切なものを皆収納できる容量と強度、心地よい手触り、美しい光沢のすべてを実現させています。

 

   

・長く愛用したい赤い革財布の逸品【アンデルセンバッグ 長財布 SKAL 6020 レッド】 の商品ページを見る >> 

 

 

 

【3.】長く愛用したい赤い革財布の逸品【アンデルセンバッグ 長財布 SKAL 6023 レッド】

 

 「アンデルセンのサインをつける物は、その分野の最高の物でなければならない」 デンマーク王室が決めた認定の条件を満たして、童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの直筆のサインを記することを許されたのは、日本の革製品会社でした。

 シンプルなデザインの長財布ですが、内装部分の留めは天狗差しといわれる昔ながらの技法が使われています。留め具合を革の厚さや裁断によって調節するため、高い技術が必要とされます。日本の職人の技術と細部にわたる心遣いが、実用性と強さ、美しさを生み出しました。自然な焼け方や色目が出るように厳選した革を使っていますので、使うほど「赤」に味わいが出てきます。

 何事にもじっくりと本物を見極めようとする方にお使いいただきたいですね。

 

   

・長く愛用したい赤い革財布の逸品【アンデルセンバッグ 長財布 SKAL 6023 レッド】 の商品ページを見る >> 

 

 

 

【4.】気品漂うピュアカシミアの赤い手袋【cashmere jersey WOMEN】

 

 年配の方が鮮やかな色を上手に身につけていらっしゃると本当に素敵ですよね。

 冬場のダークになりがちなファッションに、落ち着いた赤が素敵な差し色になります。うっとりするような滑らかなつけ心地は、職人の繊細な手仕事で丁寧に作られているからです。

 ある年輪を重ねた方にしかまとえない気品を演出するアイテムとして、上品なデザインの「赤い手袋」をお贈りしてはいかがでしょう。

 

・気品漂うピュアカシミアの赤い手袋【cashmere jersey WOMEN】 の商品ページを見る >>