お問い合せ tel:03-6459-3451
トップ > 特集一覧 > 退職・送別の贈りもの

退職・送別の贈りもの

共に働いた仲間や上司の方へ−「ありがとう」の気持ちを込めた贈りものをー

退職・送別の贈りもの選びのポイントと合わせて、素敵な商品をご紹介いたします

一般的にプレゼントの相場として、1人あたり3,000~5,000円程度と言われております。また退職・送別の贈りものは同僚や部署などの仲間同士何名かで合わせて1〜2万円のものをみんなで一緒に贈ることも多いかと思います。

 

退職される方や異動される方への送別の贈りものを選ぶとき、何点か注意点があります。一般的に退職・送別の際に贈るプレゼントとしてふさわしくないと言われているアイテムもありますので、以下にご紹介いたします。

・靴下やスリッパやマット類…足で「踏みつける」というイメージを連想させてしまうので避けたほうがよい。

・くし…髪をとかすようなくしは「苦」や「死」などの言葉を連想させるため、縁起が悪いというイメージを持っている方も多い。
※特に年齢層が高い相手、目上の方への場合、上記のイメージを持つ可能性が非常に高いため、避けたほうが無難。

・ハンカチ…ハンカチは漢字表記で「手巾(てぎれ)」と書くため、縁を切るなどの意味として昔は転勤・送別のプレゼントにはNG。
しかし現在ではギフトとしてもよく使われるアイテムのため、こだわりがあるのであれば良いが、目上の方には避けたほうが良い。

・目上の方への文房具・腕時計・鞄…「勤勉であれ」という意味が込められているので“上から目線”というイメージがあり、目上の方への贈りものとしては避けたほうが無難。ただし、一般的に送別の贈りものとしては人気の商品。

 

あくまで一般的なマナーです。贈る相手の方との関係性や人柄によっては気にしすぎることもないかと思います。「ありがとう」「お疲れ様」の感謝の気持ちが伝わる贈りものを見つけてみて下さい。

 

 

お酒好きな方へ

 

 

 

 

お家での時間・趣味を楽しむ方へ

 

 

 

お料理好きな方へ

 

 

 

〜こちらもお勧め〜

三椏を厚口に漉いた高級和紙に、お祝いのことばに想いを込めて結んだ水引、産地のこだわりから生まれた本格的な 祝儀袋『みこと』

いにしえから継承されてきた日本の「美しい祝いのことば」大切な方へ贈る「お祝いの気持ち」を書家、服部一啓の書と有高扇山堂の水引で包んでいます。

特に、こちらの「贐(はなむけ)」が持つことばの意味は、

ー送別の気持ちをつくす「せんべつ」の気持ちをつつむ。旅立つ人へ贈りものをするー

ありがとう。お世話になりました。頑張ってね。〜感謝の気持ちを込めた贈りものにふさわしい品です。